よしもと ばななに関するブログ情報サイト

よしもと ばななに関するブログ情報サイト

よしもと ばなな とは

よしもと ばなな(女性、1964年7月24日 - )は、日本人の小説家。東京都文京区千駄木生まれ。本名は吉本真秀子(よしもと まほこ)。東京都文京区立第八中学校、東京都立板橋高等学校、日本大学芸術学部文芸学科卒。

卒業制作の『ムーンライトシャドウ』が学部長賞を受賞する。これによりプロでやっていく自信をつけた。ただ、日大時代は飲んでばかりの学生だったと本人が語っている。現在、よしもとばななの作品は多くの外国語に翻訳され、世界各国で出版されている。

父は批評家・詩人の吉本隆明。姉は漫画家のハルノ宵子。母も俳句家であり、物書きの一家である。そのため、本だけは豊富に買ってもらえる環境にあった。漫画も良く買ってもらったようで、初恋の相手が『オバケのQ太郎』のドロンパ。小説の挿画は彼女がファンであるミュージシャン原マスミが担当していることが多い。

ペンネームは彼女が好きなバナナの花に因む。デビュー当時の筆名は吉本ばなな。2000年にロルファーの田畑浩良と事実婚をし、2003年に長男をもうけるが、その子の名前を姓名判断で考えていたら自分の名前こそ良くない事がわかり、今のペンネームである「よしもとばなな」に改名した。右の太ももにバナナ、左肩にオバケのQ太郎のタトゥーを入れている。

今までで一番うまく書けたと本人が評する本は2003年発表の『デッドエンドの思い出』。妊娠中に書いた本であり、出産し子供ができるともう悲惨な話は書けなくなるよと人に言われ、今のうちに悲惨な事や辛い事などを清算しようと考えて書いたという。妊娠中に悲惨な話を書くことは辛かったが「もう書けなくなるかもしれない」という思いの方がが強かったと述懐している。

また、『体は全部知っている』を自書の中の好きな本としてあげているが、この本によって書く技術が上がったと自ら評している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラベル: よしもと ばなな

よしもと ばななに関するブログ情報サイト